プロバイダー一覧

プロバイダーとは

それぞれのプロバイダーは認定薬剤師取得のための認定薬剤師研修単位(研修シール)を発給します。この研修シールは原則として共通に有効(互換性)であり、どのプロバイダーにも認定証の申請ができます。ただし、プロバイダーによって認定証申請の条件は異なりますので、各プロバイダーのホームページ等で確認ください。

ページTOPへ  

申請までの流れ

当センターの認定を受けるには、4年以内に40単位、毎年5単位以上を取得することが必要です。 また、当センターが発行した単位において、20単位以上の取得が必要となります。

更新には3年間に30単位程度の取得が基準となり、毎年5単位以上を取得することが必要です。また、当センターが発行した単位において、15単位以上の取得が必要となります。

当センターの認定申請手数料は12,000円となります。


≪e-Learning学習について≫ 平成28年10月1日以降の申請より適用となります。

当センターの認定評価委員会が審査し承認したe-Learningによる学習は、想定学習時間90分につき1単位とし、新規認定申請時28単位、更新認定申請時は21単位を上限とします。

他機関(プロバイダー)が発行した単位において、講習会、研修会、e-Learning等、学習方法は問わず、新規認定申請時20単位、更新認定申請時15単位を上限とします。

ページTOPへ   ページTOPへ
MRのYTL